会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


求人情報の集め方で転職に差がつく

会社を辞めてから仕事先を探す。
会社を辞める前に就職活動を行う。
人それぞれの事情により、転職に対する取り組み方が異なるのは当然だと思います。

一時期に比べて景気良くなっているから、求人倍率も改善している、だから会社を辞めてから就職活動を行う、こんな風に考えている人もいると思いますが、本当にそれで大丈夫でしょうか。

雇用環境が悪化している場合は慎重になる方も、景気が良くなってくると気が大きくなって思い切った行動に出る方もいるようです。

しかし、いったん仕事を辞めてからの就職活動は、気持の余裕がなくなリスクがあることを念頭に置いておいた方が良いでしょう。

金銭的な蓄えは十分だと思っていても、いつ何時予期せぬ大きな出費に見舞われるかもしません。
あくまで一般論ですが、経済的な心配がない時にある程度は転職に向けた活動が必要であると思いますがいかがでしょうか。

そこでどこから求人情報を集めるか。
一番最初に思いつくところはハローワークですね。
ハローワークは情報量は多いのですが、なかなか気に入った求人に出会えない可能性もあります。
また、最近話題に上がった実態に合わない求人情報が掲載されていることもありますので、注意が必要です。

ただ、親身に相談にのってくれることがありますので、漠然と会社を辞めて転職しようと考えているのであれば、一度相談してみるのもいいと思います。
自分の好きな時に利用できるのがいいですね。
また、同じように求人情報を探している人たちと情報交換できるかもしれません。

他の求人情報を集める方法としては、新聞や雑誌、あるいは転職支援サイトなどがありますが、紙媒体は求人数が限られるという一面があります。
その点では多数の求人情報を検索できる転職支援サイトは利用した方が良いと思います。
紙媒体では紹介していない求人情報もたくさんあります。
続きを読む

退職後の生活プラン設計

会社を辞める決断をする前に、まずやっておかなくてはいけないのが退職後の生活プランの設計です。
これは、あくまで自分の意思で退職し、転職の道を考える場合です。
会社の倒産やリストラなどでやむを得ずすぐに退職せざるを得ない場合は、優先する内容が異なってくると思います。

今は求人数が多く、転職しやすい状況であるとはいえ、十分な準備としっかりとした考えを持たなければ転職に失敗する可能性が高くなってしまいます。
そのためにすべきこと。

まず大きな目標が必要です。
転職のために会社を退職する場合、転職することによってどのような生活を実現させたいのか、このあたりが明確でないと、後々の計画が大きくブレてしまいます。

次に大事であるのが、生活を維持するための糧、お金の問題ですね。
今現在の貯えがいくらあるのか、今後の支出で大きな割合を占めるものは何か、たとえば家のローンの支払であるとか、子供の教育費などですね。
支出は予定よりも膨らんでいくのが常です。
最近の原油高、生活必需品の値上がりラッシュでわかる通り、いつ何時生活費が大幅にアップするかも分かりません。
ですから、支出に関しては余裕を持った計画が必要です。

収入に関しては転職後の給与額に決して甘い判断を入れないことが重要です。
今の実力や能力ではこれぐらいの収入は確実だと思っていても、いざ転職の際になかなか思い通りの条件で決まらないことも多々あります。

続きを読む