会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


転職するメリット、転職するディメリット

転職したいと考えている人が必ず行っていること。
それは、転職することにより得ることができるメリットと、転職により被るディメリットの比較ではないでしょうか。

メリットのほうが圧倒的に多ければ、それほど躊躇することなく転職すれば良いわけですが、なかなか転職に踏み出せない人が多いのは、このメリットとディメリットの天秤の針が、それぞれの方向に揺れ動いているからではないでしょうか。

企業の業績回復を受けて転職を決心した矢先に、大手メーカの巨額赤字の報道。
当然、関連する企業も多いでしょうから、何らかの影響が出てくる。
ましてや大幅なリストラが発表されるにいたっては、求人の動きにも影響が出てくる。
そこで、いっきに天秤の針がディメリットの方に振れて、転職の決断を取り消すことになるわけですね。

転職経験者ならばわかると思いますが、転職成功者の影にはそれ以上に圧倒的に多い、転職失敗者がいるということ。
転職のディメリットは、失敗したときの、生活への影響ですね。
家庭を持っている人は特に慎重に行動することが求められます。

失敗する人に多いのが、ディメリットに目を向けない。
あえて目を向けずに、メリットだけ考えてしまうケースです。
この場合、転職に失敗したときのダメージが非常に大きくなります。
今後の選挙の行方しだいでは、日本が大きく変わろうとしています。
こんな時代だからこそ、しっかりと転職するメリット、転職するディメリットを比較して慎重に行動する必要があるのではないでしょうか。

もうすぐ年末。
転職を考えている人は早めの就職活動で状況を把握し、転職に成功して欲しいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: