会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


会社を辞め自分で仕事を見つける選択肢

会社に不満を持ち会社を辞める。
会社に不満はないが会社を辞めざるを得ない。
会社で仕事を続けたいと思うが、その会社自体経営を続けることができない。

会社を去る理由はいくらでもあります。
ただ、会社を辞める人に共通して言えること。
それは、明日からの生活の糧をどのようにして得るのか、早急に決めなくてはいけないということ。

もちろん、失業保険をもらいながらゆっくりと考えるという人もいると思いますが、失業保険を永久にもらい続けるわけにはいきませんから、いつかはどこかで稼ぐことを考えなくてはいけません。
会社勤めにはもう懲りた。
自分で儲ける。
こう考えても、行動しなくてはいつまで経っても報酬はないわけですから、蓄えがなくなり次第生活が苦しくなってきます。

余裕のある段階で、次のステップへの準備を確実に行っておくことが望ましいですね。
以前にも書きましたが、私は自分でやっていることがあります。
皆さんにも提案したいと考えている内容なんですが、もう少し内容を練り上げてから、このブログで紹介したいと思っています。

転職経験者ならばわかると思いますが、転職成功者の裏にはそれ以上に圧倒的に多い、転職失敗者がいるということ。
転職のディメリットは、失敗したときの、生活への影響ですね。
家庭を持っている人は特に慎重に行動することが求められます。

失敗する人に多いのが、ディメリットに目を向けない。
あえて目を向けずに、メリットだけ考えてしまうケースです。
この場合、転職に失敗したときのダメージが非常に大きくなります。
景気は上向きになっているのに、会社は不安定なまま。
収入にも不安が残ったまま。
こんな不安定な時代だからこそ、しっかりと転職するメリット、転職するディメリットを比較して慎重に行動する必要があると思いますが、自分自身で仕事を始めるのも、選択肢の一つとして考えた方が良いような気がしています。