会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


雇用保障と劣悪な労働環境の関係

アベノミクスがもたらす経済の活性化で恩恵を受けている労働者は多いのでしょうか。
新聞では景気よく賃上げの話題が取り上げられたりしますが、すごく限定的な感じがします。

周りを見渡しても、給与アップが期待できそうな話は聞かず、もちろんボーナスの額が少し増えたという話は時々耳にしますが、これも限られた会社でのことではないでしょうか。
ボーナスが支給されない中小の企業も多いですから、私同様、実感として伝わってこないと感じている方も少なくないと思います。

高額商品が売れたり、百貨店の売上が改善したりなど、潤っている人は確かにいると思います。しかし、それで全体を判断することはできません。

この間もニュースで実質賃金が以前と比較して1%ほど下がっているとの報道がありました。
賃金が上がらない中で、物価だけが先行して上がり続けていますから、こちらのニュースのほうが本当に実感できますね。

苦しい生活が続いている労働者も多い状況ですから、雇用を保障という言葉には逆らうことができないと思います。
このことを逆手にとって、雇用を保障してほしければ、少々の労働条件の悪化には目をつぶれと言わんばかりのブラック企業の法令違反が目について仕方がありません。

人を人財ではなく、使い捨てのパーツのように考えているブラック企業には未来はないと思いますし、就職や転職を考えているのであれば、このようなブラック企業を見極めて就職しないようにすることが大事ですね。

会社を辞め転職活動を行うにあたって、人を大切にする企業を探すことが幸せにつながる気がしますが、皆さんはどのようにお考えですか。