会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


ブラック企業の嘘の求人情報に騙されない!

人を使い捨ての駒にしか思っていない企業は、今でも多数存在するようです。

ハローワークの求人票に苦情が年7700件という報道がされていましたが、事前に企業の嘘の求人情報内容を見抜くことができずに応募して、採用されてから求人票の内容と実際の労働条件がまったく異なることがわかり、悔しい思いをする人が後を絶ちません。

転職する必要がある人、現在無職で仕事を探している人の多くは気持ちの余裕がなく、1日でも早く仕事を決めたいと就職活動していると思います。

嘘の求人内容は、この弱みに付け込んでいるわけですが、焦りの気持ちで求人票を見ていると、眉唾的な内容でも、おかしいと思う余裕すらないのは仕方がないことです。

だからこそ、ハローワークが事前に求人掲載内容をしっかりとチェックする必要があると思います。

今やハローワークの求人情報が一番信用できないと言い切る人も多いようです。
だとしたら、どこから求人情報を得るのか。
悩ましいところですね。

求人媒体は一定の基準で求人情報を掲載していますから、信用できると思ってしまいがちです。
しかし、ブラック企業の中には、はなんなくこのハードルをクリアして会社もあります。

私も転職経験者ですが、以前大手の雑誌に掲載されている求人情報だからと安心して応募し、実情があまりにも掲載内容と異なるのに唖然としたことがあります。
しかも、その求人情報を掲載した会社は、罪の意識のかけらもなかったんです。

あまりにもひどい会社については、公的な機関が速やかに公表するシステムが必要であると感じますね。
この記事へのコメント
実際にハローワークで紹介された害虫駆除会社が警察から駆除されて逮捕されたとか実際にあるから笑えないです。
インチキ商法の会社など警戒しないと前科者になりかねない
Posted by 名無し at 2014年06月27日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック