会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


終身雇用制度が期待できない

終身雇用制度が期待できない。
もう何年も前から言われていることですが、大手の企業だからと言って定年まで勤めることを期待できなくなっているのは誰しも認識していることだと思います。

最近ではシャープの大量リストラの話題もニュースをにぎわしていましたね。
シャープと言えば、数年前は液晶に多額の投資をし、秀でた技術力でその経営は揺るぎのないように思われていましたが、いったん傾きかけると早いものです。

リストラ対象になった人は、自分の会社でこんな事態になるなんて夢にも思っていなかったのではないでしょうか。

いざ会社を辞めるとなった時、再就職の道がたやすくないことに気が付くことが多いと思います。再就職なんて普段考えた事がなければ、どのように行動すればよいのか、迷ってしまいますよね。
何回面接を受けても落ちてしまう。
ひどい場合は、何度履歴書や職務経歴書等の応募書類を送っても、面接までたどり着けない。
こんなこともよくあります。

最近、再就職 塾がもてはやされているのをご存知でしょうか。
この理由は、実際に再就職活動を始めて見たところ、思うように進まず、何度も面接に失敗し、多い人では100社以上受験し、採用されるメドが立たず、途方にくれてしまって、塾に駆け込む人 が多くなっているようです。
しかし 実際のところ、就職塾に入ればなんとかなる と考えるのは甘えでしょう。
ただ 就職塾が意味のないものだとは言いません。
自分自身の考え方、自分では気がつかない自分自身の魅力を見直すには いいきっかけだと思います。
なかなか自分自身では気がつかない点を指摘され、気がつくことが多いと思います。

就職活動、転職活動がうまくいっていないと思っているなら、このような支援を受けてみるのもいいかもしれないですね。