会社を辞めること自体はそれほど難しい事ではないと思いますが、辞める時にけっこうゴタゴタしてしまって、次の仕事探しに支障をきたしたという経験を持っている人は意外と多いのではないでしょうか。転職先が決まっていて、今の会社を辞めるのになんの心配もないという場合でも、できればスムーズに会社を辞めたいものです。退職届を出す前に、会社をうまく辞めて、自分の人生を切り開いていきたいものですね。


会社を辞めるかどうかじっくり考えられる時

会社を辞めたい。
こんな風に思い続けて時間ばっかりが経って焦りがつのる。
こんな状態が続いているなら、お盆の前後はじっくり時間をかけて自分自身の考え方や希望を見直すことができるいい時期ではないかと思います。

勤務が続いているときは、どうしても目の前の仕事に追われたり、自分の本当の気持ちから目をそらせることが良くありますね。
そんな繰り返しで、結局転職の機会を逃し、いつまでも会社を辞めたいと悩み続けることになりがちです。

ほとんどの会社が休みに入るお盆の時期は、会社を離れて自分の気持ちを素直な気持ちで見直すことができると思います。
帰省などしているのであれば、古くからの友人に相談したり、家族に損談したりもできますね。

会社を辞めたいと思いながら勤務を継続するのは、すぐには辞めることができない様々な理由があると思いますが、いったん決心すると道が開けることも良くあります。
何が自分の幸せなのか、辞めることにより生じるマイナスを他の面でカバーできないのか。
自分一人では思いつかないことでも、相談しているうちに解決策が見つかることもあります。

給与面での心配が一番多いのかもしれないですね。
今の会社を辞めて、それ以上に労働条件が良くなるのかどうか不安。
この気持ちはすごく良くわかります。

しかし、毎日が苦しくて仕方がない、こんな状態なら、少々リスクがあっても、転職を検討してみる価値はあると思います。

やはり、働き甲斐も大事ですからね。
タグ:退職 転職